>   >   > 社会派+『東京ラブストーリー』!?テレビ...

「CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評」とは?

本誌連載陣でもある批評家・編集者の宇野常寛氏が主宰するインディーズ・カルチャーマガジン「PLANETS」とサイゾーがタッグを組み、宇野氏プロデュースのもと、雑誌業界で地位低下中のカルチャー批評の復権を図る連載企画。新進気鋭の書き手たちによる、ここでしかできないカルチャー時評をお届けします。見るべき作品も読むべき批評も、ここにある!

【今月の1本】
『それでも、生きてゆく』

古崎康成[テレビドラマ研究家]×成馬零一[ドラマ評論家]×宇野常寛[批評家]

1111_soreiki.jpg

──『美男ですね』や『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』などが何かと話題を振りまいた夏クールにおいて、ディープなテレビドラマファンの間で放映前から期待を寄せられていたのが、『それでも、生きてゆく』だ。脚本は『Mother』の坂元裕二、そして瑛太に満島ひかり、柄本明、安藤サクラ、大竹しのぶら、邦画好きなら見逃せない役者陣で、少年による幼女殺人事件の加害者家族と被害者家族を描くという、近年珍しいような重たいテーマに挑戦した同作、果たしてその仕上がりのほどはいかに──?

古崎 今年の前半はテレビドラマが全体的に低調な印象でした。良い作品を作ってきた人たちが次から次へと活躍の場を映画に移してしまい、テレビドラマとしての新しい方向性を見つけあぐねていた気がします。そんな中、夏ドラマは往年のドラマ関係者が精彩を帯びた作品を打ち出してきました。『それでも、生きてゆく』も、坂元裕二(脚本)さんと永山耕三(演出)さんという『東京ラブストーリー』(91年、フジ)の頃からやっているコンビ。さらにかつて単発で坂元作品を演出し、その後『風のガーデン』(08年、同)などの演出で注目されたベテラン・宮本理江子さんが加わり、テレビにこだわって作品を作っている方々の底力を見た気がします。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』