>   > 指詰め、事務所写真はタブー!?  専門カ...

──組同士の関係性や組織内の肩書、儀式の内情など、ヤクザのルール社会を想像するに、報道といえど、メディアに掲載する写真には大きな神経が使われている。そこで、一般にあまり知られていないヤクザ写真におけるタブーを、その道40年の第一人者、中村龍生氏の写真と共に、検証してみたい。

1111_yakuza01.jpg
【1】稲川会直参初代松本一家総長を務めた故松本隆の若かりし頃。
当時から、男気溢れるカリスマ性を感じさせる人だったという。

 今年4月、山口組の6代目組長、司忍が刑期を終えた。日本最大の指定暴力団トップの出所をめぐる報道により、"ヤクザ"の写真が多くのメディアをにぎわせたのは記憶に新しいだろう。これまで、一般のメディアでは写真が大きく掲載されること自体がタブー視されていた"ヤクザ写真"。「掲載の仕方によっては、組のほうから"クレーム"が入りますからね。写真を撮りに行ったら若い衆がボコボコにされてるなんてのもしょっちゅうですから、命がけです」と語るのは、実話誌をフィールドに活動するカメラマン、中村龍生氏だ。ここでは、同氏が40年近くにわたって撮り続けてきたヤクザ写真の中から、「ヤクザの生と死」をコンセプトに選出いただいた迫真のショットを紹介しつつ、ヤクザ写真のタブーを読み解いてみたい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』