>   > 恋愛ゲーに夢中な女子続出(は~と)男子禁...

女性向け恋愛ゲーム「ネオロマンス」シリーズが売れている。ゲーム中のイケメンキャラと恋に落ち、そのキャラを演じる声優にまで深い愛を注ぐ、女子たちの心理とは? そして、そんな「ネオロマンス」の魅力とは──?
(当特集は2008年7月号掲載のものを再構成・編集したものです)

0807_neoroma1.jpg
【1】【2】ネオロマイベントでは、豪華声優陣がノリノリで登
場。甘~い美声に客席はウットリ。「ネオロマンスライヴ
2008 Summer」は、6月28・29日(横浜)、7月12日(大
阪)に開催予定。【3】ファンが増えるきっかけとなった『ア
ンジェリークSpecial』の、コーエー定番シリーズ版。

「ネオロマンス(以下、ネオロマ)」とは、いわゆる"乙女ゲーム"の先駆けで、『信長の野望』シリーズなどで有名なゲーム会社・コーエーから発売されている、女性向け恋愛ゲームの総称だ。現在までに、『アンジェリーク』『遙かなる時空の中で』『金色のコルダ』『ネオ アンジェリーク』の4シリーズが展開されており、いずれもさまざまなタイプのイケメンキャラが大量に登場。物語を進めていく中で、ヒロイン(プレイヤー)を支え、なおかつ甘い台詞も囁いてくれるイケメンキャラに恋をし、ハマってしまう女性ファンが続出している。比較的規模が小さい乙女ゲームの市場では5万本以上売れればヒットといえるのだが、ネオロマシリーズに限っては、全シリーズ累計100万本以上という驚異的なヒットを記録。またゲーム以外にも、アニメ、コミック、ライトノベル、キャラクターソング&ドラマCD、映画、出演声優によるイベント、舞台......などなど、多方面に激しくメディアミックス展開されており、その市場規模は今や1000億円ともいわれているほどだ。

 ネオロマファンである筆者も、ゲームをやり始めると意中のキャラを落とすまで仕事が手につかなくなる......という体験を度々しているわけだが、そんな、女性を妄想の世界に引きずり込み、トリコにしてしまうネオロマのカギを握っているのは、女性中心で構成されるコーエーの専門開発チームで、すべての関連コンテンツの監修も行っている「ルビー・パーティー」だろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年7月号

タブーな本150冊

タブーな本150冊
    • 【出版業界】やっぱり死す!?業界裏話
    • 【EXILE】が熱く語る自己啓発本の世界
    • 【AI本】が説く人類の幸福論
    • 【サッカーとカネ】を暴く書籍群
    • 【鈴木ふみ奈】Hカップが本まみれ
    • 【人気声優】の新書が増えたナゼ
    • 【現役声優】話題の新書を辛口批評
    • 【韓国】の近代化を知るための1冊
    • 【脱北者】たちの告白本の中身
    • 【アメリカ人種差別】の今をえぐる本
    • 【LGBT】と日本近代文学(秘)史
    • 【アメリカ】文学とLGBT
    • ヤバい【SF小説】の耽美な世界
    • エキサイティングな【米国】の書評
    • 【ミチコ・カクタニ】のアートな書評
    • 【校閲者】が語る言葉狩り

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア
    • 【惣田紗莉渚】の未公開セクシーショット

インタビュー

連載

    • 【RaMu】週5でラーメン行っちゃうんです。
    • 【池田美優】浜崎あゆみの歌が響く
    • 【森田ワカナ】吉木りさに憧れる童顔巨乳
    • 多額の強化費の先を見た飛込選手
    • 文春砲を食らった?【七瀬】ふたたび
    • 通信の理想と現実の狭間で揺れる中立性
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【曽我部恵一】がFUCK YOU音頭を作る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジャネール・モネイ】アンドロイドから人間へ
    • 【広島脱走事件】開放刑務所の奇跡的大成功
    • 【サヴァン症候群】なる局所的能力
    • 町山智浩/『ウインド・リバー』先住民保留地とアメリカの闇
    • 【タバコ規制】を妨げる利権たち
    • 小原真史の「写真時評」
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【恋は雨上がりのように】日本男性のロリコン趣向
    • エロティック画像でメイクマネー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元米軍兵が【ビール】を使って町おこし
    • 幽霊、大人にならない老人の軽小説。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』