>   >   > 松尾スズキ×すぎむらしんいちの『老人賭博...

──趣味の細分化が進み、ますます男女の垣根がなくなりつつある"マンガ"。いくら売れなくなってきているとはいえ、マンガ大国日本の底力は健在です! 何を読んだらいいかわからない? ならばまずはこれを読め!

2011年10月号 COMICクロスレビュー

■『ブラよろ』作者が描く戦時下の若者たち

1110_tokkounoshima.jpg

『特攻の島』(3巻)
作/佐藤秀峰
掲載/「週刊漫画TIMES」(芳文社)
価格/620円 発行日/8月9日
大東亜戦争末期、福岡海軍航空隊所属の予科練生・渡辺裕三は自ら志願し、人間魚雷「回天」が出撃する島にやってきた。兵器としては欠陥が多すぎる回天に乗り込めば、死は免れないという事実を前に渡辺は、「なぜ自分がここで死ぬのか?」「死ぬことに意味を見いだせない」と思い悩みながら、同期や上官と共に戦いに参画していく。

【脚本/演出家・麻草評】
★★★★☆☆☆☆☆☆
主人公の空転も、目新しさはなく
リアリティ皆無の小劇場的青春モラトリアム特攻も
の。「殺せない戦争」=「欠陥特攻兵器回天」を軸に、空転する主人公の葛藤を描くも、目新しい描写はなく、一定の需要へ向けた安定供給作の感アリ。3巻では、共に志願した同期の桜が主人公を守るために囮になるが、動機が主人公への感情移入というのは空転しすぎではないか。やはりヒロインの不在が大きな枷なのか? 段々とぼやけて不確かになっていく表紙絵の自画像演出は面白い。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

インタビュー

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』