>   >   > 原宿カルチャーがAKB48に反旗を翻した...

──今、本当に注目すべき音楽とはなんなのか? 「ROCKIN'ON」では読めない、新世代による新世代のためのミュージック批評。

2011年10月号 MUSICクロスレビュー

■ポストAKB48筆頭格? ももクロ初アルバム

1110_momokuro.jpg

『BATTLE AND ROMANCE』
ももいろクローバーZ
発売/キングレコード
価格/2800円
発売日/7月27日
スターダストプロモーション所属の10代女子5人によるアイドルユニット。08年の結成後、握手会やハイタッチ会など地道な活動を続けてきたが、身体能力を活かしたアクロバティックなダンスや、人気作曲家・前山田健一の楽曲参加以降(10年~)は音楽的にも注目を集め、今春ブレイク。4月にはメンバー・早見あかりの脱退もあったが、初のフルアルバム発売までこぎ着けた。


【ライター・天井評】
★★★★★★☆☆☆☆
絶対的P不在ゆえの目まぐるしさ
芸人やグラドルと仕事を取り合い、ロックバンドと共演もする今のアイドルに「らしさ/らしからぬ」もないだろう。USTも背景に開放・拡張された「現場」でアイドルは、「キャラ/役割」を全力で演じ、ネタを提供し続ける。絶対的P不在のももクロらしく、複数の制作陣が入り交じる本作は早着替えのように展開目まぐるしい。が、冒頭曲の前口上=キャラ設定が世界観を担保することでストーリー性=ブランドは揺るがず。統一感はないが求心力は高い。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』