サイゾーpremium  > 特集  > ヨイショ記事ばかりが乱立する、デジモノ雑...

――デジタル雑誌はいうまでもなく、ファッション誌やライフスタイル誌まで、現在ブームの渦中にあるスマートフォンを紹介する雑誌は、枚挙にいとまがない。そこで、本誌では家電やデジタルグッズ系の雑誌記事を比較検討しながら、スマートフォンとメディアの関係を明らかにしていく。

1110_smapho_01.jpg
『スマートフォン完全ガイド 2011秋号 (100%ムックシリーズ)』(晋遊舎)

 2008年7月に日本でiPhone3Gが発売されて以降、国内ケータイ市場におけるスマートフォンの需要は拡大している。マーケティングリサーチ会社のMM総研によると、08年度の出荷台数は110万台、09年は234万台、10年は855万台と前年比の3・7倍を記録。今後も上昇傾向を見せると予測されている。

 また、スマホの市場拡大に伴い、商魂たくましい雑誌業界でもそのニーズは増している。「デジモノステーション」(ソニー・マガジンズ)や「家電批評」(晋遊舎)のようなデジタルグッズの専門誌はいうまでもなく、「an・an」(マガジンハウス)のような女性ライフスタイル誌、「週刊ポスト」(小学館)のようなオヤジ系週刊誌でも、スマホの記事を見かけるようになった。デジタルグッズ誌では、今や「スマホの記事が読者人気の中核を担っている」とモノ雑誌の編集者A氏は語る。

「雑誌の読者投票でもスマホの記事は常に上位で、雑誌売り上げにも大きく関係しています。今年3月まで適用されたエコポイントがブームになった頃は、薄型テレビの企画がそうでしたが、現在はスマホが完全に逆転した状況です」(同)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年11月号