>   > 高岡蒼甫、平野綾、AKB48まで──芸能...

── "高岡蒼甫騒動"を挙げるまでもなく、プロモーションのためネットメディアに手を出さざるを得ず、そしてそれゆえにネット住民から袋叩きに遭いやすい芸能人たち。そんな彼らを身近に見ている芸能プロの現役マネージャーたちは、そのことに対して何を思うのか?

【座談会参加者】

A…総合系大手事務所マネージャー(40代)
B…俳優系大手事務所マネージャー(40代)
C…音楽系中堅事務所マネージャー(30代)
D…グラビア系事務所マネージャー(30代)

A さて、今回の座談会は「芸能界とIT」がテーマらしいんだけど、ぶっちゃけネットに関しては遅れているところが多いよね。大手になると特に。

1110_miyazakiaoi.jpg
左手薬指から指輪が消えた、宮﨑あおい。夫が起こした騒動に、彼女は何を思うのか……?

B ウチも全然だなぁ。ブログは管理ができるからまだいいけど、ツイッターなんて百害あって一利なしだと思ってる。

A AKB48とかももいろクローバーとか、最近はいろんな事務所がアイドルグループを作っているけど、ファンとの距離が近くてこまめな情報を発信する必要がある、ああいうジャンルには有効なプロモーションだと思う。でも、女優や俳優がやるメリットは一切ないよね。

C アーティストやお笑いの人がプライベートな姿を見せて反応してもらうのは意味があると思うけど、ドラマや映画で演じることをなりわいにしている人が、直接ファンとコミュニケーション取る必要はまったくないでしょう。でも、なぜかみんなやりたがるんですよね(笑)。

D それは、「サイゾー」みたいなゴシップメディアのせいでもありますよ(苦笑)。アーティストならば音楽や作品を通してメッセージを伝えられるけど、役者は何かを演じることでしか自分を表現できない。でも、自分のプライベートが週刊誌には書かれるじゃないですか。それが事実無根な場合、「私はこの気持ちをどこで伝えたらいいの?」となってしまう。だから、自分の本当の気持ちを理解してほしがるようなタレントほど、特にツイッターをやっている気がしますね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

インタビュー

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』