サイゾーpremium  > 連載  > 佐々木俊尚のITインサイドレポート  > 125億ドルでモトローラを買ったGoog...
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第41回

125億ドルでモトローラを買ったGoogleアンドロイド陣営の真の狙い

+お気に入りに追加

──激変するITビジネス&カルチャーの深層を抉る!

 8月中旬、世界を驚かせたグーグルによるモトローラ・モビリティ買収劇。その異例の買収額も相まって、さまざまな憶測が飛び交った。果たしてグーグルの真の目的はどこにあったのか?ヒートアップする携帯OS戦争の行方を探る。

1110_it_ill.jpg
Googleマン&キャプテン・モトローラタッグの結成で、ケータイ市場で勝利をおさめる!?

 グーグルが、アメリカの通信機器大手モトローラ・モビリティを125億ドルという驚異的な金額で買収することを発表した。日本円にして、なんと1兆円に達しようという価格である。

 モトローラは、コンピュータ業界に古くから接している人にとっては非常になじんだ企業名だ。設立は第二次世界大戦以前。1970年代末から80年代にかけては、インテルに張り合って68000シリーズと呼ばれる32ビットの高性能CPUを開発し、マニアックな人気を誇った。シャープのX68000なんてパソコンもあったほどだ。このシリーズはMacintoshにも搭載され、後継でIBMなどと共同開発されたPowerPCも含めれば、モトローラはずっとアップルの良き友だったのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号