サイゾーpremium  > 特集2  > 元相方・松本竜助が(降霊で)語る紳助「紳...
1110_ryusuke_dvd.jpg
『紳竜の研究』(アール・アンド・シー)。

■島田紳助とは「貝になる男」である

 島田紳助を誰よりも知る男、松本竜助。06年に急死した彼の今の思いを聞くべく、最後に取材班は有能な霊能者・福山ていしん氏の元へ。不遇な後半生を送った彼の口から語られたのは、意外にも紳助への感謝の言葉だった──。

 今日は、お二方(取材したライター、編集者)を守ってらっしゃるご先祖様のお力をお借りして、松本竜助さんを呼んでいただきます。4~5分間お時間を頂きますね……。

 さて、ご先祖様が竜助さんを連れてきてくださいました。若い頃のお写真よりも髪の毛が薄く、疲れた顔をしてらっしゃいます。「さっきまでヒカコのところにいたのに、なんであんたらに話をしなきゃならんのだ」と、ちょっと怒ってらっしゃるようです。【註:竜助氏の妻・妃加子さんのことか】亡くなってからもご家族を見守ってらっしゃるようです。これから竜助さんの言葉をお伝えします──。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年11月号