>   >   > 築地移転事業で談合疑惑 石原が執着する五...
ニュース
落札率は"ほぼ100%"──

築地移転事業で談合疑惑 石原が執着する五輪誘致に関係!?

+お気に入りに追加

――環境基準の4万倍に達するベンゼンに猛毒のヒ素、水銀、六価クロム、カドミウム……。高濃度の有害物質に汚染された東京都江東区豊洲の「東京ガス工場跡地」に、"世界のTSUKIJI"こと築地市場を移転しようという計画をめぐり、長年議論が紛糾してきたことをご存じの読者も多いだろう。

1110_tukiji_ns.jpg
『検証・築地移転―汚染地でいいのか』(花伝社)

 石原慎太郎都知事が執拗に入れ込むこの市場移転事業。都民の間から「食べ物を扱う市場をなぜ汚染された土地に建てないといけないのか」と反発の声が巻き起こり、石原知事と対立する都議会側の反対多数でいったん凍結にまで持ち込まれた、いわくつきの事業だった。

 日本環境学会も対策の不備を指摘しているというのに、強引に推し進めようという都側の頑なな動きに、多くの都民は首をひねったものだが、その理由の全貌がこのほど明らかになってきた。ある都議関係者が訴える。

「都側は移転用地の土壌改良事業の入札にこのほど踏み切ったのですが、入札参加者は大手ゼネコンだけで組んだJV(共同企業体)1社しかいないという前代未聞の入札になったんです。これではまるで随意契約。しかも、上限の予定価格に対する落札額の比率『落札率』はほぼ100%で、超高値で落とされました。つまり、移転事業は、大手ゼネコンを潤わせるための利権として用意されたわけです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』