>   >   > どじょう宰相・野田佳彦が抱える時限爆弾─...
ニュース
政治部記者が語る新総理のスネの傷

どじょう宰相・野田佳彦が抱える時限爆弾──民主党崩壊のカウントダウンか?

+お気に入りに追加
1110_minshu_ns.jpg
野田佳彦首相の『民主の敵―政権交代に大義あり 』(新潮新書)。

 ついに退陣した菅政権の後を受け、いよいよ始動した野田新政権。「どじょう」演説で庶民派をアピールし、「ノーサイド」宣言で挙党一致を訴えたが、果たして新生民主党の誕生となるのか、それとも終わりの始まりなのか──。大手紙政治部デスク(A)、大手紙政治部記者(B)、民放政治部記者(C)が、禍根を残した代表選の内幕と共に、野田新首相の「どじょう」イメージとはかけ離れた素顔を明かしてくれた。

A 8月29日の民主党代表選は、海江田万里を当選確実とした新聞・テレビの予想を裏切り、一時は泡沫候補だった野田佳彦が、まさかの逆転勝利を収めたね。

B 海江田を推す小沢一郎グループが握っていた票は、過半数の「200」。1度目の投票で当選を狙うと小沢たちが豪語したのを、こちらも真に受けてしまった。前夜の野田陣営の決起集会に集まったのはわずか50人。劣勢は歴然だったはずだが、翌29日朝、野田陣営から内々に「10票差でうちが勝つよ」と伝えられ、絶句したよ。朝刊で「海江田勝利」を打った直後だからね。一夜のうちに「2位・3位連合」が出来上がったんだ。

C 第一の勝因は、海江田という「タマ」が悪かったと散々言われましたね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

インタビュー

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』