>   > 中国のマフィアとグルメに詳しい賢人が語る...

──先日錦糸町で起きた傷害事件により、中国残留孤児2・3世グループ「怒羅権」の名を耳にした人も多いだろう。事件現場となったのは、人気中華料理店「天安門」。まるで任侠映画のワンシーンのようなこのシチュエーションは、いまだ健在ということだろうか。ここでは読者の皆様を、ちょっと危険な中華料理店へと誘いたい。

1109_kabukicho.jpg
不況で客足が減ったとはいえ、平日夜でもにぎわいを見せる歌舞伎町。ここから1歩踏み入れたところに、李小牧氏の「湖南菜館」も軒を連ねる。

 今年6月、警視庁組織犯罪対策2課は、指定暴力団住吉会系組員と口論になり、近くの中華料理店から持ち出した包丁で相手の耳を切り落とすなどの重傷を負わせたとして、「怒羅権(ドラゴン)」のメンバーを逮捕した。「怒羅権」とは中国残留孤児2・3世らを中心として80年代末に結成された、裏社会に精通するグループのこと。この残忍な手口で初対面の暴力団組員を襲撃した事件は、記憶に新しいところだろう。ちなみに、メンバーが包丁を持ち出した錦糸町の中華料理店「天安門」は怒羅権のリーダーの親族が経営しており、警察当局の家宅捜索を受けるなど、「中国マフィアの拠点か?」という観測も乱れ飛んでいる。中華料理店が裏社会の拠点──そんな映画のような設定が、現実にもあるのだろうか?

 本誌は、さっそく中国マフィアが暗躍する(?)裏社会に取材を敢行。歌舞伎町案内人の李小牧(リー・シャム)氏、そして東京アンダーグラウンドシーンの取材を精力的にこなす李策(リ・チェク)氏に、"中国マフィアと飲食店の、切っても切れない関係"について話を聞いた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』