>   > 中国のマフィアとグルメに詳しい賢人が語る...

──先日錦糸町で起きた傷害事件により、中国残留孤児2・3世グループ「怒羅権」の名を耳にした人も多いだろう。事件現場となったのは、人気中華料理店「天安門」。まるで任侠映画のワンシーンのようなこのシチュエーションは、いまだ健在ということだろうか。ここでは読者の皆様を、ちょっと危険な中華料理店へと誘いたい。

1109_kabukicho.jpg
不況で客足が減ったとはいえ、平日夜でもにぎわいを見せる歌舞伎町。ここから1歩踏み入れたところに、李小牧氏の「湖南菜館」も軒を連ねる。

 今年6月、警視庁組織犯罪対策2課は、指定暴力団住吉会系組員と口論になり、近くの中華料理店から持ち出した包丁で相手の耳を切り落とすなどの重傷を負わせたとして、「怒羅権(ドラゴン)」のメンバーを逮捕した。「怒羅権」とは中国残留孤児2・3世らを中心として80年代末に結成された、裏社会に精通するグループのこと。この残忍な手口で初対面の暴力団組員を襲撃した事件は、記憶に新しいところだろう。ちなみに、メンバーが包丁を持ち出した錦糸町の中華料理店「天安門」は怒羅権のリーダーの親族が経営しており、警察当局の家宅捜索を受けるなど、「中国マフィアの拠点か?」という観測も乱れ飛んでいる。中華料理店が裏社会の拠点──そんな映画のような設定が、現実にもあるのだろうか?

 本誌は、さっそく中国マフィアが暗躍する(?)裏社会に取材を敢行。歌舞伎町案内人の李小牧(リー・シャム)氏、そして東京アンダーグラウンドシーンの取材を精力的にこなす李策(リ・チェク)氏に、"中国マフィアと飲食店の、切っても切れない関係"について話を聞いた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ