サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 独自捜査縮小も"狙うは東電" 検察改革案...
ニュース
検察は本当に変わるのか?

独自捜査縮小も"狙うは東電" 検察改革案に隠された本音

+お気に入りに追加

 大阪地検特捜部の「押収フロッピー改ざん事件」で、致命的なダメージを受けた検察。その立て直しを託された笠間治雄検事総長が、いよいよ本格的な改革に乗り出した。

1109_nsken_ama.jpg
笠間治雄検事総長のインタビューが掲載されている『文藝春秋』8月号。

「この7月、『取り調べの全面可視化』や『特捜部の独自捜査体制の縮小』といった思い切った取り組みを発表しました。その際、笠間さん本人が記者会見を開いています。総長自ら国民に向かってメッセージを送らないと、もはや立て直しが利かないというくらい、検察当局は危機感に駆られているからです」(大手紙司法デスク)

 それもそうだろう。与党・民主党の肝いりで設置した法相の私的諮問機関「検察の在り方検討会議」は、これまで手厳しい検察批判を繰り返してきた。中でも、会議のメンバーであるジャーナリストで作家の江川紹子氏は「特捜部解体論」を主張して譲ろうとしなかった。

「この諮問機関の存在に、検察当局はずっと頭を抱えていましたね。その象徴が、前任の大林宏総長。改革案をまとめる前に、着任半年にして辞職しています。諮問機関の重圧に耐えきれず、しかも検察改革に反発する一線の検事たちの首に鈴を付けられなくて、半ばやけ気味に自爆テロをしたとまでいわれました」(同)

 それゆえに、昨年12月に着任した笠間総長には、外部の改革圧力と内部の抵抗勢力を納得させる両面工作が求められていた。改革案を見てみると、その腐心の跡が見て取れる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』