>   > シブトラミン、サノレックス......"...
第1特集
速攻ダイエットの知られざる"効用"【1】

シブトラミン、サノレックス......"飲むなキケン!"のダイエット薬と"生命の危機"

+お気に入りに追加

──毎年美容関連各社が打ち出す「夏に向けて痩せよう!」キャンペーン。今年も中澤裕子のプロティンダイエットを筆頭に、積極的なPRが繰り広げられている。しかし、先日摘発された品川美容外科の脂肪吸引による死亡事故や、ダイエットサプリ「野茶果」の副作用問題など、その裏に危険も多々あるようで……?

1108_diet_kusuri.jpg
当企画担当ライター・アボンヌ氏が購入したシブトラミン。赤と黄色のポップなカプセル。

 今年6月23日、厚生労働省は、インターネットを通じて個人輸入できる中国製のダイエットサプリ「野茶果」について、「健康被害の恐れがある」との注意喚起を促した。愛知県岡崎市の発表によると、市内で同商品を服用した20代女性から頭痛や下痢などの症状を訴える報告があり、成分検査を実施してみたところ、国内では医薬品として承認されていない成分「シブトラミン」が検出されたという。また、その1週間後、今度は兵庫県加古川市でブラジル製のダイエット用健康食品「減肥珈琲 Slimming COFFEE」を服用した30代女性に幻覚などの症状が現れ、調べてみると同成分が検出されたため、こちらも厚労省より注意が呼びかけられている。

 これ以外にも、昨今、シブトラミンを含有した製品を摂取したことによる有害事象の例が、後を絶たない。そもそもシブトラミンとは、どのような作用を持つ成分なのか? 『あぶない科学実験』(彩図社)などの著書を持ち、薬品に詳しいサイエンスライターの川口友万氏は、次のように語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』