サイゾーpremium  > 特集  > シブトラミン、サノレックス......"...
第1特集
速攻ダイエットの知られざる"効用"【1】

シブトラミン、サノレックス......"飲むなキケン!"のダイエット薬と"生命の危機"

+お気に入りに追加

──毎年美容関連各社が打ち出す「夏に向けて痩せよう!」キャンペーン。今年も中澤裕子のプロティンダイエットを筆頭に、積極的なPRが繰り広げられている。しかし、先日摘発された品川美容外科の脂肪吸引による死亡事故や、ダイエットサプリ「野茶果」の副作用問題など、その裏に危険も多々あるようで……?

1108_diet_kusuri.jpg
当企画担当ライター・アボンヌ氏が購入したシブトラミン。赤と黄色のポップなカプセル。

 今年6月23日、厚生労働省は、インターネットを通じて個人輸入できる中国製のダイエットサプリ「野茶果」について、「健康被害の恐れがある」との注意喚起を促した。愛知県岡崎市の発表によると、市内で同商品を服用した20代女性から頭痛や下痢などの症状を訴える報告があり、成分検査を実施してみたところ、国内では医薬品として承認されていない成分「シブトラミン」が検出されたという。また、その1週間後、今度は兵庫県加古川市でブラジル製のダイエット用健康食品「減肥珈琲 Slimming COFFEE」を服用した30代女性に幻覚などの症状が現れ、調べてみると同成分が検出されたため、こちらも厚労省より注意が呼びかけられている。

 これ以外にも、昨今、シブトラミンを含有した製品を摂取したことによる有害事象の例が、後を絶たない。そもそもシブトラミンとは、どのような作用を持つ成分なのか? 『あぶない科学実験』(彩図社)などの著書を持ち、薬品に詳しいサイエンスライターの川口友万氏は、次のように語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論