>   > 現役活動家が警鐘を鳴らす──逮捕される可...
第1特集
盛り上がる反原発デモの落とし穴【3】

現役活動家が警鐘を鳴らす──逮捕される可能性も! デモ参加に必要な「覚悟」

+お気に入りに追加

──2003年のイラク戦争反対デモなど、これまで多くの参加してきた現役活動家・張本勲氏。今回のようなデモビギナーが多く参加するデモについて聞いてみると、言葉を慎重に選びつつ、その「覚悟」を語ってくれた──。

1108_demo_ama2.jpg
『ある日突然、警察に呼び出されたら、どうする・どうなる』

 今回の反原発デモに対して、これまで政治運動を行ってきた活動家たちはどのように感じているのだろうか?

「現在の状況は、政治に対する関心の盛り上がりというよりも、原発に対する『恐怖』の部分が大きい。その意味では、誰が行ってもよさそうなデモに参加するのは自然な流れでしょう」

 そう語るのは2003年のイラク戦争当時より政治運動にかかわり、最近では「5・7救援会」の一員として、政治活動被疑者の救援活動を行った張本勲(仮名)氏。時として、"お祭り騒ぎ"や"解放感"という言葉で語られる今回の大規模デモだが、その戦術について、彼は客観的に分析する。

「私は一参加者ですが、参加者が解放感を感じられることは、大切だと思います。せっかく時間を作ってきているのだから、思う存分意思表示できなきゃ意味がない。みんな命令なんかされたくないし、どうせやるなら楽しいほうがいい。よほど趣旨に反さない限り、課題に見合ったかたちで創意を凝らしてやればいいと思いますよ。シュプレヒコールを上げる人もいれば、サウンドカーに張りついて踊る人もいる。共感を得られるかどうかは、主張の内容次第であって作風の問題じゃない」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』