>   >   >  【映画監督 三木聡×劇作家・役者 岩松...
ニュース
脚本の原点を探る原始的"たき火"対談!?

【映画監督 三木聡×劇作家・役者 岩松了】──ドラマ・映画界にオリジナル脚本はもう必要ない?

+お気に入りに追加

――映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』や『大奥』など、昨年は原作"レイプ"とまで言われる作品が多数発表された。そんな中、懲りずに"原作モノ"頼みの作品が並ぶ今年のドラマ・映画作品を、オリジナル脚本に定評のある岩松了、三木聡両氏はどうとらえているのか。昨今の製作の現状とそれぞれの原点について語り合っていただいた。

1108_mikiiwamatsu.jpg

──まずはお2人にとって、今の仕事や作品づくりの原点を教えてください。

岩松 了(以下、岩松) 僕は都会への憧れだけで東京の大学に入って、都会っぽいというイメージだけで演劇の世界に飛び込んでしまったんです。20代の頃は「東京乾電池」という劇団で演出をしていたんだけど、ほとんど即興ギャグだったから、役者を笑ってあげることが主な仕事だった。それで30歳を過ぎた時「俺は何をやってるんだろう」って、ふと考えてしまったんです。ただ、今ならまだ演劇を辞めて人生を変えられるけど、10年続けてしまった悔しさやジレンマもあった。だから納得できる戯曲を1本書いて辞めようと思った時に、ちょうど『ストレンジャー・ザン・パラダイス』を観て、とても影響を受けたんです。書き手としての原点は、あの映画かもしれない。

三木 聡(以下、三木) ジム・ジャームッシュ監督、僕も大好きでした。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』