>   > 花盛りのアニメスタジオ番付 スタジオジブ...

──アニメ業界に携わる人にとって、スタジオジブリは憧れのスタジオというわけではないようで……。そこで、今注目を集めるアニメスタジオを紹介するとともに、それぞれの長所、短所を分析。期待度格付けを行ってみた。

大ブームを巻き起こすも、結局原作頼り?

【期待度ランク】S

1108_kyouto.jpg

■京都アニメーション
[代表作]『けいおん!』『涼宮ハルヒの憂鬱』
[長所]ハイクオリティな作画、原作再現率
[短所]オリジナル作品の不作
81年に京都で下請けの仕上げ専門スタジオとして設立される。03年からは元請けとしてアニメ制作を開始。『涼宮ハルヒの憂鬱』や『けいおん!』の爆発的なヒットでヌルヲタからの支持も獲得した。やたらと動きまくる作画や原作の魅力を引き出す演出は、"京アニクオリティ"と呼ばれ、高い評価を得ている。一方で、アニメ『MUNTO』でオリジナル脚本のひどさが露呈するなど、原作ものでないと目も当てられない。また、企業CMが、毎回過剰なまでに健全なテイストで、ネット上では「宗教のCMっぽい」と言われたりも。


未完成のまま放送されることも!?

【期待度ランク】A

1108_shaft.jpg

■シャフト
[代表作]『魔法少女まどか☆マギカ』『化物語』
[長所]斬新な演出、話題性の高さ
[短所]制作現場の混乱、人気の監督頼り
75年の設立当初からサンライズやシンエイ動画などの仕上げ工程を請け負い、『機動戦士ガンダム』などにも参加。04年以降は、新房昭之監督とタッグを組むことが多く、パロディネタや情報量を詰め込んだ演出で人気を博し、今年放送された『魔法少女まどか☆マギカ』は一大ブームとなった。一見絶好調のようだが、制作と作画の連携がうまくとれていないようで、テレビ放映時には粗が目立つ手抜きのような状態で放送されてしまうことも多々。また、新房監督の作品以外はあまり話題になることがない。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』