サイゾーpremium  > 特集  > 花盛りのアニメスタジオ番付 スタジオジブ...

──アニメ業界に携わる人にとって、スタジオジブリは憧れのスタジオというわけではないようで……。そこで、今注目を集めるアニメスタジオを紹介するとともに、それぞれの長所、短所を分析。期待度格付けを行ってみた。

大ブームを巻き起こすも、結局原作頼り?

【期待度ランク】S

1108_kyouto.jpg

■京都アニメーション
[代表作]『けいおん!』『涼宮ハルヒの憂鬱』
[長所]ハイクオリティな作画、原作再現率
[短所]オリジナル作品の不作
81年に京都で下請けの仕上げ専門スタジオとして設立される。03年からは元請けとしてアニメ制作を開始。『涼宮ハルヒの憂鬱』や『けいおん!』の爆発的なヒットでヌルヲタからの支持も獲得した。やたらと動きまくる作画や原作の魅力を引き出す演出は、"京アニクオリティ"と呼ばれ、高い評価を得ている。一方で、アニメ『MUNTO』でオリジナル脚本のひどさが露呈するなど、原作ものでないと目も当てられない。また、企業CMが、毎回過剰なまでに健全なテイストで、ネット上では「宗教のCMっぽい」と言われたりも。


未完成のまま放送されることも!?

【期待度ランク】A

1108_shaft.jpg

■シャフト
[代表作]『魔法少女まどか☆マギカ』『化物語』
[長所]斬新な演出、話題性の高さ
[短所]制作現場の混乱、人気の監督頼り
75年の設立当初からサンライズやシンエイ動画などの仕上げ工程を請け負い、『機動戦士ガンダム』などにも参加。04年以降は、新房昭之監督とタッグを組むことが多く、パロディネタや情報量を詰め込んだ演出で人気を博し、今年放送された『魔法少女まどか☆マギカ』は一大ブームとなった。一見絶好調のようだが、制作と作画の連携がうまくとれていないようで、テレビ放映時には粗が目立つ手抜きのような状態で放送されてしまうことも多々。また、新房監督の作品以外はあまり話題になることがない。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』