>   > スタジオジブリはもう死に体!? 関係者も...
第1特集
『コクリコ坂から』はジブリを救えるのか?【1】

スタジオジブリはもう死に体!? 関係者も嘆く国民的アニメスタジオの危機

+お気に入りに追加

──宮崎駿監督の実子である宮崎吾朗氏が監督を務め、物議をかもした『ゲド戦記』から早5年。吾朗監督の新作『コクリコ坂から』が公開された。駿パパとのタッグで作り上げた本作は、またも酷評の嵐になるのか? それともスタジオジブリ新時代の到来を告げる嚆矢となるのだろうか!?

1108_kokuriko_n.jpg
原作の『コクリコ坂から』

 日本アニメ界が世界に誇るアニメーション監督・宮崎駿。その愛息・宮崎吾朗が初監督作品『ゲド戦記』を発表した2006年からちょうど5年。待望の第2回監督作品『コクリコ坂から』が、今月16日より全国東宝系にて封切られた。

 いわゆるアニメファン向けの"アニメ"とは一線を画し、国民的アニメ映画の供給源として確固たる地位を築き上げているスタジオジブリ(以下、ジブリ)。吾朗氏が監督、脚本(丹羽圭子と共作)を一手に手掛け、鈴木敏夫プロデューサーが提案した「主人公・アレンによる父殺し」というセンセーショナルなアニメオリジナルのエピソードに話題が集中した問題作『ゲド戦記』に続く新作ということで、本記事が世に出ている頃にはすでに劇場に足を運んだ読者もいるだろう。

 話題作を継続的に発表し続けるジブリだが、かねてよりいくつかの問題点が指摘されている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2016年7月号

『月9』大爆死報道の誤解と真相

『月9』大爆死報道の誤解と真相
    • 【月9】視聴率報道の誤解
    • 【裏番組】で見る視聴率興亡史
    • システマタイズされた【ドラマ主題歌】

アートビジネスと"金"のキケンな関係

アートビジネスと
    • 【美術】がカネを生む本当の理由
    • 【モネ】の贋作で相続税逃れができる!?

連載