>   > 磯部涼、松本亀吉ほか、ポップスの目利きが...
第1特集
音楽誌が書かないK-POP批評【3】

磯部涼、松本亀吉ほか、ポップスの目利きが厳選!  YouTubeで今聴くべきK- POPベスト40

+お気に入りに追加

尖ったトラックとクセになるラップ

【男性ユニットBEST20】

1108_lie.jpg

BIGBANG「Lie」
YGエンターテインメント/07年8月
作詞作曲G-DRAGON。もともと彼のソロ曲として発表予定だったが、BIGBANGのミニアルバム『Always』に収録。韓国のシングル・チャートでトップを初めて獲得し、この後、一気にスターダムを駆け上がっていく。(南)


1108_mirotic.jpg

東方神起「Mirotic」
SMエンターテインメント/08年9月
東方神起は長い間、日本と本国ではリリースする曲が異なり(現在は同じ)、"日本の曲より本国のほうがヤバい"というのは音楽ファンの間では周知の事実だった。それを象徴するようなプログレッシヴR&Bの一例がこれ。(南)


1108_onlyyou.jpg

2PM「Only You」
JYPエンターテインメント/08年12月
今や"野獣アイドル"と称されるグループの青さがみずみずしいミッド・バラッド。ハンドクラップとキックだけで引っ張り、サビでやっとベースが入ってくるスカスカなバックトラックがメンバーの甘い歌声を際立たせる。(南)


1108_sorrysorry.jpg

SUPER JUNIOR「Sorry, Sorry」
SMエンターテインメント/09年3月
09年に東~東南アジア圏で大ヒット。現代的なトラックと、往年の韓国歌謡の色を残した土着的なヴォーカルの組み合わせがUS・サウスを思わせる。単純だがキャッチーなダンスをフィーチャーしたMVもまた然り。(磯)


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』