>   > バキバキに低音が効いた少女時代のトラック...

──昨今の日本の美少女アイドルたちが歌うのっぺりとしたポップスに比べて、ビートが強調されたトラックに乗りながらアイドルたちが男女を問わず高いスキルで歌い、ラップし、踊るK-POP。その音楽的なポテンシャルとは、いかなるものなのか?

1108_dazed.jpg
ファッション誌「DAZED & CONFUSED」韓国版(2011年6月号)の表紙を飾ったBIGBANGのG-DRAGONは、フロー・ライダーやディプロなど米国の人気プロデューサーが一目置くほどのラップのスキルを持つ。

 2010年から今年にかけて、KARAや少女時代の活躍を通して、日本にもすっかり定着した感のあるK-POP。本誌でも繰り返し取り上げてきたが、これまでメディアを賑わせたのは、そのアイドルたちが所属する事務所の裏事情やスキャンダルがほとんどだった。だが、それだけではK-POPの本質は見えてこない。そのポップ・ミュージックとしてのクオリティもまた、問わなければならないだろう。

 □□□の元メンバーでミュージシャンとしても活動する音楽ライターの南波一海氏は、こう語る。

「K-POPの多くのグループは、欧米のR&Bやヒップホップなどを意識した楽曲を基調としているのですが、とにかくみんな歌やラップがうまい。特に、女性グループだとBROWN EYED GIRLSのミリョ、男性グループだとBIGBANGのG-DRAGONは、本当にラップのスキルが高いですね。加えて、ダンスも日本のアイドルに比べてずっと本格的ですし、4人の作曲家に共作させたり、楽曲に関しても常に高いクオリティを追求しています。ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムやカニエ・ウェストといった超ビッグな有名プロデューサーを起用するという話も出てきています」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年10月号

(裏)動画案内2017

(裏)動画案内2017

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • みうらうみ「現役音大生の(禁)水着」

哲学的アニメ批評的水着グラビア

哲学的アニメ批評的水着グラビア
    • 【鹿目凛】と東大教授の化学反応

インタビュー

連載

    • 【青山ひかる】ニコ動が好きなんです。
    • 【藤田ニコル】彼氏と聴いてたback number
    • 『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?
    • 日本企業の【AI・IoT】は絶望的な結果!?
    • ゲス不倫くらいで騒ぐな!地下格闘技を見ろ!
    • 【菊地成孔】ミュージシャンと文筆家、2つの顔トーク
    • 思い出を作る【米軍基地】の盆踊り
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【2パック】ラッパーの物語が銀幕へ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 【アダルトチルドレン】ですべては親のせい!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『デトロイト』
    • 【理工系優位】がもたらす大学教育と知の劣化
    • 小原真史の「写真時評」/戦死者たちの肖像(中)
    • 打ち上げミサイル、下から見るか?横から見るか?
    • ジャングルポケット/ずっと舐めていられる!擬似ちくびの魅力
    • 【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】女心と秋の空は、まるで神隠し
    • 「バイオクイーン」ショコラの果てなき野望
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • YouTuberよどこへ行く…幽霊、現代香具師たちの難儀な炎上
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』