>   >   > 顰蹙は金を払ってでも買え そう語った団鬼...
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第69回

顰蹙は金を払ってでも買え そう語った団鬼六の葬儀に大型バスで乗り込んだ!

+お気に入りに追加

「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その方言癖はいまだ健在だ。

1107_takasu.jpg
団さんとは、05年に「大人の猥談」と称して、「サイゾー」で対談をやった。愛人を売買するって話が印象的だった。「今まで自分が育ててきた女を、友人に売るんです。30万でどうだ、とか」(団さん)。大卒初任給が3万円だった時代の話だ。

5月6日、団鬼六が亡くなった。79歳だった。訃報を聞いてすぐに団さんの奥さんにおくやみの電話を入れた。奥さんは演歌歌手の黒岩安紀子さんである。

 告別式は東京・芝公園の増上寺で営まれた。私の元へマスコミ各社から「小向美奈子は来ますか?」との問い合わせ電話がかかってきた。浅草ロック座の斎藤智恵子会長に確認したところ、「行くようだ」というので、その旨を各社に伝えた。

 初め、私の似顔絵入りのドデカいラッピングバスで増上寺に向かったが、大きすぎて山門を通れず、結局車を乗り換えた。席は到着順。開式15分前でも人はまばらで、前から4列目に座った。いちばん前に座ったのは幻冬舎社長の見城徹氏、日本将棋連盟会長の米長邦雄氏、元ポルノ女優の谷ナオミ、愛染恭子、そして小向だった。黒岩さんは「派手な人だったので、派手なところで告別式を開いてあげたい」と言っていたが、最終的に集まったのは300人くらいだろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

インタビュー

連載