>   >   > 顰蹙は金を払ってでも買え そう語った団鬼...
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第69回

顰蹙は金を払ってでも買え そう語った団鬼六の葬儀に大型バスで乗り込んだ!

+お気に入りに追加

「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その方言癖はいまだ健在だ。

1107_takasu.jpg
団さんとは、05年に「大人の猥談」と称して、「サイゾー」で対談をやった。愛人を売買するって話が印象的だった。「今まで自分が育ててきた女を、友人に売るんです。30万でどうだ、とか」(団さん)。大卒初任給が3万円だった時代の話だ。

5月6日、団鬼六が亡くなった。79歳だった。訃報を聞いてすぐに団さんの奥さんにおくやみの電話を入れた。奥さんは演歌歌手の黒岩安紀子さんである。

 告別式は東京・芝公園の増上寺で営まれた。私の元へマスコミ各社から「小向美奈子は来ますか?」との問い合わせ電話がかかってきた。浅草ロック座の斎藤智恵子会長に確認したところ、「行くようだ」というので、その旨を各社に伝えた。

 初め、私の似顔絵入りのドデカいラッピングバスで増上寺に向かったが、大きすぎて山門を通れず、結局車を乗り換えた。席は到着順。開式15分前でも人はまばらで、前から4列目に座った。いちばん前に座ったのは幻冬舎社長の見城徹氏、日本将棋連盟会長の米長邦雄氏、元ポルノ女優の谷ナオミ、愛染恭子、そして小向だった。黒岩さんは「派手な人だったので、派手なところで告別式を開いてあげたい」と言っていたが、最終的に集まったのは300人くらいだろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』