サイゾーpremium  > 特集2  > 電通、博報堂、そしてグーグルを渡り歩いた...

1107_takahiro.jpg
高広伯彦氏。(撮影/佃大平)

──グーグルの原動力を支えるのは、高度な検索エンジンを生かした広告ビジネスだ。ここでは、大手広告代理店とグーグルの広告戦略を知る高広伯彦氏に、グーグルの広告ビジネスの優位点、そして盲点について語ってもらった。

 グーグルの2010年の売上高は全世界で293億ドル(約2兆3528億円)。うち96%以上が検索連動型広告による売り上げであり、まさに、世界最大級の広告事業会社だといえる。そんなグーグル広告の強みについて、博報堂、電通を経て、05年から09年まで、グーグルで日本における広告営業企画チームのシニアマネージャーなどを務めた、現「スケダチ」代表の高広伯彦氏に聞いた──。

「端的にいえば、グーグル最大の強みは、広告業界の中で唯一"ユーザーに支持される広告"という概念を実現していることです。旧来の広告は、枠を広告主が買い、ユーザーがどう感じようがお構いなしに宣伝をしてきた。しかし、グーグルの広告プロダクトの中心である検索連動型広告は、ユーザーの関心に合致した広告を適切なタイミングで提示することで、それ自体が役立つ情報になっています」

 デバイスやメディアの進化やユーザーの興味や意図により、次々と生み出され、開拓される新たな"広告枠"。しかし、高広氏は「あるキーワードを検索した際に、関連した広告が一件しか出てこなければ、情報としての価値は担保されない」と指摘する。つまり検索の結果、複数の商品・サービスを比較検討できるだけの出稿量がなければ、広告の信頼性は上がらないのだ。グーグルは世界中で検索サービスを展開するスケールメリットを生かし、この問題を解決した。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』