>   > 論争で露呈した医療界の"プライド"問題と...
第1特集
がん治療医の現実を知る良書と悪書【1】

論争で露呈した医療界の"プライド"問題と進まぬ技術......"抗がん剤は効かない"の真相とは?

+お気に入りに追加

──今年1月、「文藝春秋」にセンセーショナルな論文が掲載された。『抗がん剤は効かない』。筆者・近藤誠氏は、これまでも日本におけるがん治療の常識をことごとく否定し、医療界の異端者とされてきた人物だ。同書をめぐるさまざまな論争が飛び交う中、その真意を読み解くためには、どんな本を手に取ればいいのだろう。

1107_cencer01_top.jpg
『抗がん剤は効かない』

 1981年以来、日本における死因の第1位に君臨し続ける病……それが、現在総死亡率のおよそ31%を占めるという「がん」である。

 国立がん研究センターのがん対策情報センターによると、現在がんによる年間の死者数は34万4105名(2010年度発表、09年のデータより)。05年度発表のデータでは32万315名だったことを考えると、現代の医学の進歩を持ってしても、5年間で2万人も増えていることになる。とすると、今年2月に製薬会社側の敗訴が確定した、抗がん剤「イレッサ」【註1】の問題然り、"がんの最新治療"として発表されてきたものたちはなんだったのだろうか。

 そんな中、時を同じくして話題を集めたのが、月刊誌「文藝春秋」で発表された近藤誠氏の論文『抗がん剤は効かない』だ。同記事が1月号に掲載されるとすぐ、「週刊文春」(共に文藝春秋)に反論が掲載されるなど、たちまちに論争が繰り広げられた(当特集【3】参照)。そして5月、『抗がん剤は効かない』【1】は単行本として発売され、早速話題を呼んでいる。しかし、さまざまな論説が飛び交い膨大な関連書籍が並ぶ中、知識のない我々はどの本を手に取り、がん治療について知ればよいのか。現代医療の最前線をよく知る医療ジャーナリストの田辺功氏に、がん治療の今を読み解いてもらった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』