>   > 大魔王"天皇"崇徳院はなぜ怨霊になった?...

──井沢元彦の『逆説の日本史』シリーズや、竹田恒泰の『怨霊になった天皇』など、古代から延々と連なる皇室の歴史の中で、天皇が怨霊になったという説を唱えた本が静かに売れているという。古代史がブームとなる中で、これらの本が語る"天皇の怨霊"とは一体何か──?

1107_sutokutennou.jpg
崇徳天皇(1119年~1164年)。在位期間は、1123年~1142年。鳥羽天皇の皇子として生まれ、和歌などをたしなんだという。

 1961年9月21日午前0時頃、香川県坂出市の小学校から火の手が上がり、間もなく校舎が全焼した。その日は近くの白峯御陵で、崇徳天皇の800年式年祭が行われる予定だったという。この火災を崇徳天皇の怨霊の仕業と書いたのが『怨霊になった天皇』【1】だ。旧皇族竹田宮家の血筋にあたる竹田恒泰氏が書いた同書によれば、崇徳天皇の式年祭(死後100年ごとなど、決められた期間ごとに行われる神道の儀式)が行われた年の前後に、日本は国家的な動乱に見舞われてきており、そのたびに天皇家では崇徳天皇の御霊を祀る儀式をさまざまな形で行ってきたという。

『怨霊になった~』に掲載されている具体例をざっと列挙すると、まず死後20年祭に壇ノ浦の戦いで源平の争いが終わり、鎌倉幕府が成立。100年祭は、中国の元が、日本に国交樹立を求めてきており、これが後の元寇につながるという。その後、200年祭は南北朝の動乱。300年祭は、応仁の乱。400年祭では、室町幕府の滅亡。500年祭には、明暦の大火と禁裏御所炎上。600年祭には、明和事件が起き、尊王論者が弾圧された。700年祭の頃には明治維新が起こり、最後は800年祭の時に、冒頭の小学校の火事となり、現代に至るという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』