>   >   > "やり過ぎ"なのが魅力! 西尾維新の『め...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第13回──【COMIC編1】

"やり過ぎ"なのが魅力! 西尾維新の『めだかボックス』はアンチ「少年ジャンプ」だ!!

+お気に入りに追加

──趣味の細分化が進み、ますます男女の垣根がなくなりつつある"マンガ"。いくら売れなくなってきているとはいえ、マンガ大国日本の底力は健在です! 何を読んだらいいかわからない? ならばまずはこれを読め!

2011年7月号 COMICクロスレビュー

■現在ドラマも放映中の奇妙な学校マンガ

1107_suzukisensei.jpg

『鈴木先生』(11巻)
作/武富健治
掲載/「漫画アクション」(双葉社)
価格/860円 発行/4月28日
メガネとループタイがトレードマークの中学教師・鈴木先生が、恋愛や性、友情や部活動などをめぐって彼の教え子たちが出遭う/起こす事件を、誠実に、しかし過剰で独善的ですらある情熱で解決しようとする姿を描き続けた異色の学校マンガ。本巻で完結した。4月25日より、テレビ東京にてドラマ放映中。

【脚本/演出家・麻草評】
★★★★★★★★☆☆
イッキ読み注意!なコマ割と描線
脳細胞の量は14歳程度で成長が止まるらしいが、中身は変化し続ける。熱くてクールな鈴木システムは、インストールされたあと更新するプログラムだ。喫煙所の廃止に端を発する「居所の諸問題」から煮詰まったスクールキラーの事件へ、生徒たちは自らの居所を見定め、その役を演じ対処した。演劇編の初めに描かれた、舞台での居所を決める運動を思い出す。五段組のコマ割に詰め込まれた描線も演技の集中状態を疑似体験させてくれる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』