サイゾーpremium  > 特集  > 【吉田豪】が選ぶ「芸能プロの権力」がわかる本
1107_shiro.jpg
(写真/磯部昭子 A/M)

 今回は、暴露本といった類いではなく、タレント本の中の何げない記述から、芸能プロの闇が垣間見える本を3冊ご紹介します。

 まずは『ケンちゃんの101回信じてよかった』【1】。この本の著者は、1970年代を中心に人気を博したTBSのドラマ『ケンちゃん』シリーズの初代ケンちゃん役で知られる宮脇康之氏(現・宮脇健)。彼は子役界の頂点として横暴の限りを尽くすも、自身の家庭崩壊と共に没落していきます。この本は、そんな彼が2004年にネットワークビジネスで、再び成功した時に出した自叙伝です。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年11月号