>   > 不倫から車中キス、電波発言まで──"おバ...

1106_saito.jpg
トンデモ発言が目立つフジテレビの斉藤舞子。天
然ボケも彼女の魅力か?

 一時代を築いた人気アナは、総じて"おバカ"なのか? たとえば、"フジ3人娘"のひとりである有賀さつき。旧中山道を"いちにちじゅうやまみち"と読んだ国語力もさることながら、退社後の不倫騒動では後先を考えない開き直り言動で猛バッシングを受けた。また、元フジ・内田恭子は、車中キス現場をスクープされるほどのワキの甘さで、幾度となく写真週刊誌の売り上げに貢献している。では、現代の"おバカ女王"は誰なのか。

「日テレの宮﨑宣子はバカ発言にも計算の匂いがしますが、彼女は確実に無知ゆえ」(女子アナウォッチャー)

 その"彼女"とは......ヤクルト・川島亮投手と熱愛中の斉藤舞子(フジ)である。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』