>   > 2011年7月号

2011年7月号

+お気に入りに追加

日本の真相と深層をたっぷりと味わう!!

タブー破りの本100冊

「とても食べきれない!!」----美味しそうだけど食べてみると実は毒が......なのは、リンゴ、美しい女性、そして面白い本!! 自民党・河野太郎からプロ書評家・吉田豪まで各界の著名人による「ヤバい本のススメ」、文芸編集者が語る「美人作家のウラの顔」、さらには、不敬スレスレの「天皇怨霊説の真実」まで、絶対面白いけどかなりキケンな、タブー破りの本100冊!!

プライバシー、著作権、FREE......それでも使いたい人は必読!!

グーグルはなぜ嫌われるのか?

IT業界の覇者による"FREE化"の功罪──「グーグルブックス」や「グーグルストリートビュー」による著作権とプライバシーの侵害をはじめ、ヤフーがグーグルの検索エンジンを採用したことによる情報の独占など、グーグルを批判的に見る向きは少なくはない。もちろん同社が提供する無償サービスは一定の評価を集めるが、なぜ、グーグルは嫌われるのだろうか?
ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載