>   > 中部電力が選ぶ童話、フェリシモのエッセイ...

──出版社ではない一般企業が、文学賞を主催することもある。大真面目な文化活動から、版元からの視線も熱い登竜門、ちょっと笑ってしまうような企業の取り組みまでをご紹介。

1106_ferishimo.jpg
『冷と温──第13回フェリシモ文学賞作品集』

 一般企業が主催として名を連ねている文学賞のうち、読書家や文学賞ウォッチャーの間で有名なのは、「Bunkamuraドゥ・マゴ文学賞」だろうか。同賞は東急グループが運営する複合文化施設Bunkamura(東京都・渋谷区)が主催するもので、新しい才能発掘のために1990年に創設された。小説・評論・戯曲・詩を、毎年ひとりの選考委員が審査する(2011年の選考委員は辻原登)という特徴から、「出来レース感が強い」などと批判されることも。受賞作が決まると作品名を掲げたラッピングバスが渋谷を走るので、見かけたことがある人もいるだろう。

 Bunkamuraドゥ・マゴ文学賞は既刊本を対象とした賞だが、そのほかに一般企業が文学賞を主催する場合は公募形式のものが多く、作家志望者の間でしか話題にならずに消えてしまうものが少なくない。auと幻冬舎、TokyoFMが組み、応募対象を10代に限定した「蒼き賞」(08~09年)や、USEN主催の「USEN朗読文学大賞」(02~07年)など、有名一般企業による文学賞はかつていろいろ存在したが、次々に終了しているのが実情だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年10月号

(裏)動画案内2017

(裏)動画案内2017

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • みうらうみ「現役音大生の(禁)水着」

哲学的アニメ批評的水着グラビア

哲学的アニメ批評的水着グラビア
    • 【鹿目凛】と東大教授の化学反応

インタビュー

連載

    • 【青山ひかる】ニコ動が好きなんです。
    • 【藤田ニコル】彼氏と聴いてたback number
    • 『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?
    • 日本企業の【AI・IoT】は絶望的な結果!?
    • ゲス不倫くらいで騒ぐな!地下格闘技を見ろ!
    • 【菊地成孔】ミュージシャンと文筆家、2つの顔トーク
    • 思い出を作る【米軍基地】の盆踊り
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【2パック】ラッパーの物語が銀幕へ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 【アダルトチルドレン】ですべては親のせい!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『デトロイト』
    • 【理工系優位】がもたらす大学教育と知の劣化
    • 小原真史の「写真時評」/戦死者たちの肖像(中)
    • 打ち上げミサイル、下から見るか?横から見るか?
    • ジャングルポケット/ずっと舐めていられる!擬似ちくびの魅力
    • 【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】女心と秋の空は、まるで神隠し
    • 「バイオクイーン」ショコラの果てなき野望
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • YouTuberよどこへ行く…幽霊、現代香具師たちの難儀な炎上
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』