>   > 芥川賞、直木賞だけじゃない! この"ディ...
第1特集
ディープな地方文学賞のセカイ【1】

芥川賞、直木賞だけじゃない! この"ディープ文学賞"がスゴい!!

+お気に入りに追加

──文学賞といえば、芥川賞、直木賞、三島賞、山周賞……だけではない。日本全国の地方自治体が主催する地方文学賞の存在をご存じだろうか? 赤字財政が報じられる中でも地道に続けられている、知られざる"ディープ文学賞"の世界をのぞいてみた。

1106_watanabe.jpg
現在、直木賞と島清恋愛文学賞の選考委員を務める渡辺淳一氏。直木賞に関しては、その選評内容を公表後にからかわれることも。

 文学賞と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、芥川賞や直木賞だろう。はたまた2010年、表現者・水嶋ヒロが本名の"齋藤智裕"で受賞し、一躍知名度が上がったポプラ社小説大賞を考える方もいるかもしれない。これら一般的に知られている文学賞は、すべて出版社が主催しているが(芥川賞・直木賞は、文藝春秋社内にある日本文学振興会が主催)、実は日本全国の地方自治体が主催する文学賞も多数存在する……と言われても、ほとんどの読者はその詳細をご存じないのが実情だろう。まずは、そのなかでも比較的知名度が高いとされる賞を、上に並べてみたのでちょっと注目してほしい。

 大手出版社主催の賞が"文学の振興"をうたうのに対し、地方自治体主催の賞はあくまでも地域の活性化や街おこしが目的。ざっと数えるだけでも地方自治体主催の文学賞は現在40個弱あるが、その創設ラッシュは20年ほど前になるという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』