>   > フェイスブックをも超える!? 高齢者まで...
第1特集
知られざるニッチなSNSの魔力【1】

フェイスブックをも超える!? 高齢者までもがはまるソーシャルゲームとSNSの歩き方

+お気に入りに追加

──フェイスブックブームが喧伝され、Mobage(モバゲー)とGREEが共に海外進出本格化を推し進めるなど、昨今、大手SNSの動きが活発だ。こうした中、ユーザー層を絞って着々と会員数を増やしているSNSがあるという……。大手SNSとは一味違うニッチSNSの魅力に迫る。

1106_SNSbunpuzu.jpg
ニッチSNSの5大ジャンル分布図
取り扱うテーマも集まる人々もさまざまなSNSを、大きく5つに分けてみると、各ジャンルのSNSの特徴が見えてくる!?※各サイト紹介は、サイト名(対象テーマ)、ユーザー検索による会員数(編集部調べ)で表わされています。↑画像をクリックすると拡大します。

 いずれも会員数2000万人以上を擁する「ミクシィ」「mobage(モバゲー)」「GREE」の国内ご三家に加え、2010年に推定会員数が5億人を突破したといわれる世界最大の「フェイスブック」帝国が、ここ日本にも侵攻してくるなど、大手ソーシャルネットワークサービス(以下、SNS)の勢いが止まらない。

 そんな中、「ネットリテラシーの低い高齢者」「性のマイノリティ」など、そこではフォローしきれないテーマを抱えた人々のための「ニッチSNS」も多数出現してきた。代表的なものとしては、ゲイ向けの「Men’s mixjp」(通称、メンミク)や中高年向けの「趣味人倶楽部」が挙げられるだろう。ほかにも市町村ごとの地元SNSや、手術動画を共有して知見を高め合う医療従事者向けSNSなど、ニッチSNSで扱われるテーマはさまざまだ。ただひとつ、ニッチSNSはミクシィやフェイスブックとは違い、単一のテーマの元に集まる人たちを対象としている。コミュニティの目的や対象者を絞り込んだニッチSNSは、中小規模ながら確実にユーザー数を伸ばし、大手SNSでは見られないディープな話題で盛り上がっているのだという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載