>   >   > 見えたのは、今の日本か己の評価か?震災を...
連載
念力事報 第36回

見えたのは、今の日本か己の評価か?震災を占った予言者たちのブルース

+お気に入りに追加

──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

予言者
3月11日に起こった東日本大震災。2カ月以上経過した現在でも、震災をめぐってはあらゆる報道がなされているが、"震災を予知した"(とされる)予言者たちにも注目が集まっている。

江森康之(写真)
写真集に『赤目四十八瀧心中未遂』(リトル・モア)がある。

笹公人(歌)
1975年7月8日、東京生まれ。17歳の頃、作歌を始める。代表作に『念力家族』(インフォバーン)など。近著に『抒情の奇妙な冒険』(早川書房)、和田誠氏との共著『連句遊戯』(白水社)などがある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

連載