>   > ゴールデン番組は見る価値なし中堅放送作家...

テレビの不振が叫ばれる中、視聴率を見ても、現在のテレビ界の花形がバラエティ番組であることは疑いないそんなバラエティで名を馳せる、大物放送作家や名物局員たちの功罪を、中堅放送作家が赤裸々に語る。

0807_downtown.jpg
高須光聖や菅賢治など、ダウンタウンの番組制作出身
者は、今や各番組でその辣腕を発揮している。

  [座談会出席者]
......某作家集団に所属する30代放送作家。
......フリーランスで活躍する20代後半。
......情報番組を中心に手がける中堅作家。

A 今回は、「死んだテレビへの提言」ってとで(苦笑)、大物放送作家や名物テレビマンの功罪が主題なんだけど、ます、今クールに乱立したクイズ番組から見てみようか。おバカキャラでブームを牽引した『クイズ!ヘキサゴンⅡ』(フジ)以外は軒並み低迷しているね。『検定ジャポン』(同)なんか、今やロケ番組になってるし(笑)。まあ、クイズは低制作費でお手軽につくれるけど、ヒネリがないとすぐに飽きられるのは当然かな。

B その点、『ヘキサゴン』は島田紳助のバカキャラいじりがハマって、羞恥心の歌やグッズも大ヒットした。番組プロデューサー(以下、P)・神原孝の手法はオーソドックスなんだけど、放送作家には大御所の小笠原英樹の下に、だいたひかるの元ダンナ・北本かつら、そして酒井健作といった『トリビアの泉』(同)出身のイキのいいところがついてるからね。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』