>   > 芸能人の「慰安番組」が跋扈する"下流メデ...

 生ぬるい番組を垂れ流し続けるテレビ業界に対し、ナンシー関亡き後、鋭い洞察力と毒舌でもってテレビを監視し続ける、辛口コラムニストの小田嶋隆氏。画面をクールに見据える小田嶋氏が、大物司会者とテレビ番組との堕落した関係を斬る!

0807_odajima.jpg
小田嶋隆氏。

──「読売ウイークリー」(読売新聞)誌でテレビ時評「ワイドシャッター」を連載されていますが、テレビウォッチャーの立場として、画面からテレビ業界のダメさ加減が顕著に感じられるのはどのようなところでしょうか?

小田嶋 CMスポットを出稿しているスポンサー企業が、どんどんスケールダウンしているということですね。番宣スポットも多い。これも自社番組を熱心に宣伝しているわけではなく、売れ残ったスポット枠を埋めている感が強い。今の視聴者はマジメにテレビを見ていないし、CMに入るとすぐにリモコンでザッピングするのが当たり前。テレビにCM出稿することが有効かどうか、一流企業も疑問を感じているわけです。だから新しく参入しているのは、パチンコ屋にサラ金や怪しい健康食品。『水戸黄門』(TBS)などの時代劇の再放送を見ていると、ヒドいもんですよ。60歳から入れる保険に尿漏れパンツ、入れ歯安定剤、墓地、年齢化粧品、ヅラ......。CMを見ているだけで、気分がめいってきます(苦笑)。


人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載