>   > 元フジテレビ大物プロデューサー・吉田正樹...
第2特集
ニコニコ動画研究──その死角と展望【15】

元フジテレビ大物プロデューサー・吉田正樹が大胆宣告──「ニコ動に学ばなければ、 テレビはいずれ滅びる !?」

+お気に入りに追加

――2006年の登場以来、ユーザーの支持を得て成長を続けるニコ動。昨今では報道に力を入れるなど、既存の大手マスメディアの役割をも奪おうとしている。果たして、ニコ動はマスメディアを代替し得るのか? テレビプロデューサーの吉田正樹氏が語る、ニコ動の可能性と今後の課題とは──?

1105_niconicoch.jpg
公式で各政党のチャンネルを設置しているニコ動。運営側のジャーナリズムへの力の入れ具合が見受けられる。ほかにも大手メディアや企業などの公式チャンネルも存在し、プラットフォームとしての価値を高めつつある。

──テレビプロデューサーとして、ニコ動にはどんな印象をお持ちでした?

吉田正樹(以下、) 一言でいうと大嫌いでしたね。テレビの映像ばかり投稿されていて、人の財産を平気で侵害していましたから。しかし、2009年頃から、鳩山政権の記者会見を生放送で流すなど、ジャーナリズムの要素が多くなるにつれ、受ける印象も変わってきました。運営側が、インターネットやメディアの本質は生放送にあるということに気がついたのでしょう。最初は子どもの遊びのような発想で始まっていたものが、オリジナルのコンテンツを作り、有料会員制度を導入するなど、ビジネスとしてのプランニングがしっかりしてきたので、今はとてもポジティブに見ています。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』