>   >   > 『大切なことはすべて君が教えてくれた』が...

──ついに"ドラマの帝王"木村拓哉ですら視聴率の取れなくなったドラマ大恐慌時代。そんなテレビ離れ世代にこそ見て欲しい、テレビマンたちの力とは? ドラマの見方が変わる新目線批評。

2011年5月号 DRAMAクロスレビュー

■三浦春馬×戸田恵梨香on月9

1105_taisetsu.jpg

『大切なことはすべて君が教えてくれた』
演出/西浦正記、葉山裕記 脚本/安達奈緒子
出演/戸田恵梨香、三浦春馬、武井咲、篠田麻里子ほか
フジテレビにて1月より毎週月曜21:00(3月28日終了)
同じ高校に勤め、結婚を目前に控える教師の夏実(戸田)と修二(三浦)。幸福なカップルだったが、修二が生徒のひかり(武井)と一夜を共にしてしまったことから、状況は一変……。若手を多く起用し注目を集めたが、視聴率は低迷。


【批評家・宇野評】
★★★★★★★☆☆☆
その挑戦的な制作姿勢を買う
脚本、キャストともに若手を大胆に起用したことはもちろん、妊娠、結婚、職業意識といった定番のネタを、高校教師という主人公たちの設定を生かして新鮮に見せるというコンセプトが効いている。主人公の元彼女や、女教師に憧れる男子生徒のエピソードなど、発展性のない伏線を容赦なく切り捨てていく思い切りの良さで、ジェットコースター性を維持したのもいい判断。フジドラマの再生に期待できる秀作だ。視聴率苦戦は枠のミスマッチが原因か。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー