>   > アイスランドからマクドナルドが消えた!?...

──果たして実際に日本がどうなるのか? を探る前に、ここではこれまでに国家の財政が破綻、もしくはその危機にあった国や自治体の事例を紹介する。

身の丈に合わない借金にご用心!

1105_girisha_ill.jpg

ギリシャ

[原因]
 2001年にユーロに加入したギリシャ政府は、これにより国債の格付けが上昇。低金利の借金による経済成長戦略を掲げていた。その成果として、年4%余りという高い経済成長を実現した。しかし、そんな成長の陰で、借金を増やし続け、その規模はGDP比7.7%にまで蓄積。07年の世界金融危機、08年のリーマンショックによる不況で、収入が急落。さらに09年に行われた政権交代で、前政権下での"粉飾決済"も発覚。09年の赤字見通しが3.7%から12.5%へと一気に修正される事態となり、ユーロ圏を中心に同国の国債格付けが急速に引き下げられ、債務不履行の不安から国債が暴落した。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学
    • 歴史で見る【悪法】のトリセツ
    • 【悪法】は司法でどう扱われるか?
    • 【悪法】誕生のカラクリ
    • 【法哲学者】が語る悪法対処法
    • 【刑法改正】は穴だらけ?

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

連載