>   > 世界基準では、これが先端のジョーシキ! ...

――航空会社が国と国の間に路線を自由に開設できるようになりつつある今、なんの策も講じない国際空港は衰退していくだろう。そんな中、エアラインを巧みに呼び込んでいるのが、これらの空港である。

1105_habukuko.jpg
オランダのスキポール空港(上/(c)MrNas)と、韓国の仁川国際空港(下/(c)Eugene Kim)。

 オープンスカイという航空自由化の時代において、国際空港はハブ空港として機能するかが重要になっている。なぜなら、多くの乗客が「中継点」という形で世界各地から集まるため、経済的に大きな収益を上げるチャンスがあるからだ。ここでは、そのいくつかのケースを見ていきたい。
 
 1992年に世界で初めてアメリカとオープンスカイ協定を結んだオランダは、スキポール空港のヨーロッパのハブ空港としてのポジションを確立。その結果、特産品であるチューリップに代表される生花の輸出ルートが拡大し、莫大な利益を生む。この成功により、90年代後半になると多くの国が、アメリカとオープンスカイ協定を結んでいく。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年5月号

学校では習わない"日本のキリスト教"史

学校では習わない

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」
    • 連続解散に見る【アイドル】の限界
    • 【里咲りさ】が語るグループの終わり方
    • 【姫乃たま】が語るアイドル3年周期説