>   > 小誌フクヘンYが語る、10年前のあの思い...

――企画会議中「包茎って男の子はみんな悩むんだよ!」と声を荒げるフクヘンY。実は某クリニックのテレアポバイトをしていたという。どんな「包茎」男子たちが救いの手を求めていたのか、聞いてみた。

houkei0415.jpg
『こどもの包茎相談室』

あれは1998年、大学3年生だった頃、「FromA」(リクルート)で時給1000円という高給アルバイトを見つけて応募したのが、某有名美容整形外科のテレフォンアポインターだった。業務内容は、雑誌広告などを見て電話をしてくる患者さんへの対応。包茎手術から二重手術、女性器の整形まで、バイトも普通に患者さんからの相談に乗ってたよ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年3月号

グラビア写真学

グラビア写真学

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

インタビュー

連載