>   > 赤青メガネから裸眼まで、コレだけ押さえれ...
第2特集
3D映像は世界を変えるのか!?【2】

赤青メガネから裸眼まで、コレだけ押さえれば知ったかぶりができる「3D映像の代表的4方式」

+お気に入りに追加

雑誌の基本・赤青メガネ

1104_megane01.jpg

【1】アナグリフ方式
3Dと聞いて誰もが真っ先に思い浮かべるであろう、「赤青メガネ」の方式。紙に印刷できるため、雑誌の袋とじやグラビア、新聞の広告等で多用される。原価数十円程度のメガネは簡単に自作も可能。低コストと手軽さというメリットの半面、赤青のフィルムにより色情報が失われる、使用後に疲労感がある、などのデメリットもある。


映画館で主流のお手頃方式

1104_megane02.jpg

【2】偏光方式
主に映画館(IMAX 3DやRealD等)で採用されている方式。後述のアクティブシャッター方式の3Dテレビが大半を占める中、韓国のLG電子が新型3Dテレビでの採用を発表し話題になった。安価で軽いメガネで、明るいカラーの3D映像を楽しめるのが最大の長所。短所は、特殊なスクリーンが必要なこと、視聴に最適な角度が狭いことなど。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年3月号

グラビア写真学

グラビア写真学

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

インタビュー

連載