>   > ジャニーズからオードリーまで百花繚乱!?...
第1特集
まさにタブー破り! 同人マンガの世界【1】

ジャニーズからオードリーまで百花繚乱!? 禁断の"ナマモノ"同人マンガ、これがスゴい!!

+お気に入りに追加

──コミックマーケットの隆盛などにより、一般化しつつある同人マンガ。その中でも、実在の人物を題材にしたジャンル"ナマモノ"はいまだにタブーとされている。そんな"ナマモノ"同人マンガを、マンガ家・田中圭一氏が読んだところ、氏から意外な提案が──。

1104_dojinbook1.jpg
『21世紀同人誌ハンドブック』

 総動員数50万人以上。経済効果は、120億円超──このデータは、2010年末12月29~31日に行われた同人誌界最大のイベント「コミック・マーケット(以下、コミケ)」のもの。オタクたちが一堂に会する、年に2回の祭典だ。

 オタクたちが年末の貴重な休みを割いてまで足を運ぶのは、同人誌を売買するためだ。同人誌には小説やイラスト集といったものもあるが、その多くはマンガの形式を取っている。大半がアマチュアの手によるマンガと侮るなかれ。一歩足を踏み入れてしまえば、一般人でも意外に楽しめる世界なのだ。実は現在活躍しているマンガ家には、よしながふみ、羽海野チカ、CLAMPなど同人出身者も少なくない。

 まずは、同人誌の基本から説明しよう。そもそも同人とは、同じ趣味を持った人が集まって描く、という意味を持つ。つまり同人誌とは、同好の士が集まって描くミニコミ誌のようなものなのだ。以前は何人かで作られたものが主だったが、ここ15年ほどで個人誌が多くを占めるようになり、全体のクオリティも上がってきているという。現在、流通している同人誌は、主にA4またはB5サイズの冊子。一冊一冊は数ミリ程度の薄さのものがほとんどだ。形態はコピー用紙をホッチキスで留めた簡易なものから、印刷所で刷られたカラー表紙の小冊子までさまざまで、多くは1冊500~700円程度で売買されている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」