>   >   > 1巻ならではの散漫っぷりが魅力!? BL...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第10回──【COMIC編】

1巻ならではの散漫っぷりが魅力!? BL作家が描く『つなぐと星座になるように』

+お気に入りに追加

──趣味の細分化が進み、ますます男女の垣根がなくなりつつある"マンガ"。いくら売れなくなってきているとはいえ、マンガ大国日本の底力は健在です! 何を読んだらいいかわからない? ならばまずはこれを読め!

2011年4月号 COMICクロスレビュー

■王女と従者の歴史大河ロマン

1104_jyoou.jpg

『女王の花』(3巻)
作/和泉かねよし
掲載/「ベツコミ」(小学館)
価格/420円 発行日/1月26日
正妃の母・黄妃が病弱だった為に、周囲から冷遇されていた亜の国の姫・亜姫。かつて母に仕えた青徹と知り合って文武を学び聡明に成長するが、それ故にさらに疎まれて母の生国へ人質として送られてしまう。従者で胡人(異人)の薄星と亜姫の未来は? 本巻では在りし日の母・黄妃と青徹の物語が描かれる。少女マンガの一種の王道、歴史大河モノ。


【ライター、編集者・高野評】
★★★★★☆☆☆☆☆
矜持も深慮もないヒロインで大丈夫?
青徹過去編、以上。導く男とヒロインの母・黄妃との叶わなかった恋を描くこのパートはよくまとまっていたものの、目新しさはなく、NHKがアニメ化しそうな中国モノ(『十二国記』や『彩雲国物語』のいいとこ取り)というデジャヴ感、あざとさだけが印象に残った。やがて女王になるというのなら、亜姫はもっと深く考え悩まなければならないし、生まれもっての矜持があるなら「へたり込んでケツ汚す」など問題外。読者はもっと利口では?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」