>   > 『金田一少年』も悪霊に狙われてる!? 加...

──『聖☆おにいさん』や『町でうわさの天狗の子』など、宗教を"ネタ"にした作品がヒットしている。今や、宗教を"ネタ"にすることはタブーになりえないのか。宗教マンガの変遷と、幸福の科学信者・さとうふみや氏の話から、宗教とエンタメの一線を検証する。

1104_cover_shuukyou2.jpg
手塚治虫の『火の鳥』

2010年に「イブニング」(講談社)で始まった『よいこの黙示録』【1】は、小学4年生の伊勢崎大介が、心理学などを駆使しながら教室に新興宗教を広めようとする物語だ。作者の青山景は、同作のテーマを「宗教という誰の身近にもありながら、それを一言で名指すことが困難な厄介な代物を漫画の形で問い直す」としている。この問いは、そもそも無宗教を自認する人が7割を超えるという、宗教に無頓着な日本人の国民性の問題と言い換えることができるだろう。もしかすると、我々の宗教に対する認識を見直すために、マンガという形式は最もふさわしいのかもしれない。いかに無自覚に宗教マンガが描かれ、読まれてきたのか、宗教マンガの歴史と、その変容から振り返りたい。

 いわゆる一般的な宗教マンガというのは、宗教団体が布教のために描いた作品のことを指す。例えば天理教では、『劇画 教祖物語』【2】を『カラテ地獄変』(講談社)などで知られるマンガ家の中城建雄が、創価学会では、池田大作名誉会長の小説を原作にした『劇画人間革命』【3】を『750ライダー』(秋田書店)の作者である石井いさみが描いている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  2. 2やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  3. 3お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  4. 4日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  5. 5音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”2017.5.22
  6. 6【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  7. 7メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?2017.5.22
  8. 8裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書2017.5.22
  9. 9GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史2017.5.21
  10. 10佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載