>   >   > 【スラックライン】 ──ただの綱渡りでは...
ニュース
エクストリーム綱渡り!?

【スラックライン】 ──ただの綱渡りではない究極のバランス・スポーツ

+お気に入りに追加
1104_slackline.jpg
岩と岩の間に張ったロープの上を渡るロッククライマー。かなりの高さのため、命綱をつけている。普通にスラックラインを楽しむならば、だいたいひざの高さ、4センチほどの距離がちょうどいい。

 スラックラインは1980年代、アメリカのヨセミテ国立公園などを根城にするロッククライマーたちが始めた遊びだ。クライミング用のロープを張り巡らし、その上を渡ってバランス感覚を競い合った。ただの「綱渡り」と、侮るなかれ。ロープの上でジャンプしたり、バック宙までかましてしまうツワモノもいるのだ。

 ロッククライマーたちの間の密かな遊びだったスラックライン。これを一新したのがドイツのメーカーである「ギボン」社だ。

「横断歩道で信号が青に変わった瞬間にロープのセッティングをし、赤になるまでに渡りきり、回収まで済ます、というパフォーマンス映像が爆発的に受け、ストリートに認知されたんです」(ギボン正規販売代理店・屋代幸平さん)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー