>   > 古書専門店「まんだらけ」が推薦! "封印...
第1特集
知られざる封印マンガの市場と価値【3】

古書専門店「まんだらけ」が推薦! "封印"ビンテージマンガ高額5冊

+お気に入りに追加

──意外に価値がつかない封印マンガだが、もちろん高額で取引されているものもある。そこで、まんだらけスタッフに「現在店頭に置かれている作品」で高額をつけた封印マンガを5作選んでもらった。

※データは、作家の人気などから測った「需要度」、商品の希少性から見た「レア度」、作品の封印理由から測った「過激度」から算出しています。

「週刊プレイボーイ」が見送った菊タブー作

1104_hangouhou.jpg

『資料・反合法出版物噫』
1万8900円(73年発売/頒布価格550円)/作者:内田栄一/出版社:烏書房
1973年3月20日号の「週刊プレイボーイ」から連載開始された「噫日本共産党50年伝」の全19回と、お蔵入りとなった20回を収録した一冊。昭和天皇をマンガに登場させるだけでもまずいと思われるが、その上にベッドシーンがシルエットで描かれている。当然ながら「週プレ」では墨で塗り潰す処理をして連載終了となり、それに抗議をする意味で著者が制作した同人誌という体裁を取った自主制作。余談であるが、内田は若い頃に安部公房に師事した劇作家である。レア度、過激度は文句なしにトップクラスだが、手塚治虫や藤子不二雄に比べると人気需要という点で劣る。

[需要度]★★☆☆☆
[レア度]★★★★★ 
[過激度]★★★★★


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」