>   > 人気種目はくじ引きだった──60年前はた...

──IOC(国際オリンピック委員会)の収入の半分を占めるのが、メディアによる放映権料。日本では、NHKや民法キー局からなる団体が交渉し、権利を購入するが、その考証や人気種目の割り振りには、それぞれの組織のさまざまな思惑があるという──。

0808_4dainet.jpg
スポーツイベントに巨額の金を費やすアメリカ4大ネットワーク。
(左上より時計回りに。「ABC」「CBS」「FOX」,「NBC」)

「NHKをはじめ、民放キー局ら日本民間放送連盟からなるジャパンコンソーシアム(以下、JC)が、国際オリンピック委員会(以下、IOC)に支払った北京五輪の国内放映権料は総額211億7000万円(契約締結時の換算レートによる)。さらに08年4月、JCは、2010年バンクーバー冬期五輪と12年ロンドン五輪の放映権料において、325億円でIOCと合意に達したと発表しました」

 こう話すのは、元NHK職員で五輪等のスポーツ放映権交渉を手がけてきた、スポーツ・プロデューサーの杉山茂氏。さらに、ロイター通信では「1948年に英BBCが1000ギニー(旧通貨単位/約21万円)を支払って始まったIOCの放映権収入は、84年のロサンゼルス五輪からアテネ五輪までに約5倍にはね上がり、08年8月の北京五輪では25億ドル(約2600億円)になる」(08年5月11日付)と報じているように、五輪の放映権は高騰の一途をたどっている。そのきっかけとなったのは、ロサンゼルス五輪であった。


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」