>   > 体操・信田美穂──「税金の無駄遣い!」と...
今だから語れる"夢の舞台"マル秘話【4】

体操・信田美穂──「税金の無駄遣い!」と言われて知る"自分のため"だけじゃない五輪

+お気に入りに追加

■信田美帆(体操)
【五輪出場記録】88年ソウル大会/34位(個人総合)、12位(団体)

「五輪って、数ある世界大会のひとつだと思っていたので......行く前は、『よし、いつもの演技をするだけ』って気持ちでしたね」

0808_shinoda.jpg
選手村でも、女子体操の代表はほかの競
技の人と話すことをコーチから禁じられていた
ため、誰かと話した記憶がないそうだ。

 サラッとこう言うのは、ソウル五輪出場の元体操選手で、つんくファミリー・女性ユニット「太陽とシスコムーン」の元メンバー・信田美帆さん。我々一般人から見れば、アスリートにとって 夢の舞台 だろうと思う五輪も、当時16歳だった彼女にとっては、 通過点 にすぎなかったという。

「そもそも体操を始めたきっかけ自体、体を鍛えるためで、五輪が目標とかではなかったんですよ」

 小学生後半で才能が開花し、中学生で全日本チャンピオン、高1で五輪出場という道を歩んだが、五輪に対し、特別なプレッシャーがなかったのもそのためだという。だが五輪開催が近づくにつれ、周りの変化は著しくなった。

「コーチに生活面を徹底管理されましたね。10代前半の女子にはメンタル面の管理をうまくできない子が多いので」

 食事制限から始まり、現地では外出や他の競技の選手との交流も禁止。非常にストイックな生活を強いられた。


人気記事ランキング
  1. 1羽生結弦の「目指している世界」を考えてみた/スケオタエッセイスト・高山真が見た四大陸選手権2017.2.23
  2. 2三原舞依の伸びしろ、オズモンドの完成度と危うさ…スケオタエッセイスト・高山真が見た四大陸選手権(女子編)2017.2.21
  3. 3羽生結弦、宇野昌磨、ネイサン・チェン…フィギュアスケートのグランプリファイナルに見た、「進化」と「狙い」とは2016.12.12
  4. 4女帝化する指原莉乃、噂される京楽の離脱…AKB最新ウラ事情2017.2.17
  5. 5菅田将暉になくて、伊野尾慧にあるものとは? 雑誌を占拠するジャニーズ、被写体としての実力を問う!2017.2.24
  6. 6美人度は政治家にとって必要か? 政策よりも資質と裏の顔を表す! グラビアとしての政治家公式写真2017.2.17
  7. 7“フォーマット”を踏襲しているだけ!? 篠山紀信は本当にスゴいのか? グラビアカメラマンの写真的功罪2017.2.22
  8. 8フォーマットの発明者【篠山紀信】から革新者まで――有名グラビアカメラマンの基礎知識2017.2.22
  9. 9小倉優子はベッド撮影がNGだった!水着が過激化したのは小池栄子のおかげ?下乳もM字開脚もNG!グラビアタブーの正体2017.2.21
  10. 10未成年との淫行疑惑で活動自粛中の【狩野英孝】に違法賭博疑惑も浮上か!?2017.2.6
サイゾープレミア

2017年3月号

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

連載