>   > 長距離・松野明美──「五輪は"恋愛"でし...
今だから語れる"夢の舞台"マル秘話【3】

長距離・松野明美──「五輪は"恋愛"でした!」選ばれし者の恍惚、ここにあり!

+お気に入りに追加

■松野明美(長距離)
【五輪出場記録】88年ソウル大会/予選9位(女子陸上1万m)

0808_matsuno.jpg
いわく、「カール・ルイス選手を見に、選手村
のディスコに行ったけど、どの人かわからなかっ
た」なんてエピソードも。

 147㎝の小柄な体格で懸命に走る姿や、その独特のキャラクターで人気を博している松野明美さん。88年、日本女子として24年ぶりの1万mでソウル五輪に出場、結果は9位なるも、当時の日本記録を更新した。五輪の魅力を方々で熱く語る彼女。陸上を始めた当初から五輪への憧れは強く、 夢の舞台 だったというが、実際に立ったその舞台は、想像をはるかに超えていたそうだ。

「想像していた以上でしたね。高校のときからさまざまな大会に出ていたんですが、自分の中では、大会というものは、倒れるまで頑張って走る、それで自分が満足するためのものだった。でも五輪は、そんなものではなく、まったく予想と違いました。もうね、なんていうかね、特別なものだったんです、別格。あの独特の緊張感と高揚感は、他の大会では味わったことがない。トラックでは選手たちが地面を見つめて淡々とウォーミングアップをしているんですが、空気がピーンと張りつめててね、硬いんですよ。硬くて重くて、空気が吸えない。選手一人ひとりから立ち上る思いの強さや熱気が、あの 特別 としか言えない雰囲気を作り上げていたんでしょうね。今でも思い出すと鳥肌が立ちます」

 いざ競技が始まると、その思いはますます強くなる。1万mを走る間に、えも言われぬ恍惚とした幸福感が、松野さんを包んだそうだ。


人気記事ランキング
  1. 1あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  2. 2やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  3. 3お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  4. 4日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  5. 5音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”2017.5.22
  6. 6【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  7. 7メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?2017.5.22
  8. 8裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書2017.5.22
  9. 9GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史2017.5.21
  10. 10佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載