サイゾーpremium  > 限定  > 長距離・松野明美──「五輪は"恋愛"でし...
今だから語れる"夢の舞台"マル秘話【3】

長距離・松野明美──「五輪は"恋愛"でした!」選ばれし者の恍惚、ここにあり!

+お気に入りに追加

■松野明美(長距離)
【五輪出場記録】88年ソウル大会/予選9位(女子陸上1万m)

0808_matsuno.jpg
いわく、「カール・ルイス選手を見に、選手村
のディスコに行ったけど、どの人かわからなかっ
た」なんてエピソードも。

 147㎝の小柄な体格で懸命に走る姿や、その独特のキャラクターで人気を博している松野明美さん。88年、日本女子として24年ぶりの1万mでソウル五輪に出場、結果は9位なるも、当時の日本記録を更新した。五輪の魅力を方々で熱く語る彼女。陸上を始めた当初から五輪への憧れは強く、 夢の舞台 だったというが、実際に立ったその舞台は、想像をはるかに超えていたそうだ。

「想像していた以上でしたね。高校のときからさまざまな大会に出ていたんですが、自分の中では、大会というものは、倒れるまで頑張って走る、それで自分が満足するためのものだった。でも五輪は、そんなものではなく、まったく予想と違いました。もうね、なんていうかね、特別なものだったんです、別格。あの独特の緊張感と高揚感は、他の大会では味わったことがない。トラックでは選手たちが地面を見つめて淡々とウォーミングアップをしているんですが、空気がピーンと張りつめててね、硬いんですよ。硬くて重くて、空気が吸えない。選手一人ひとりから立ち上る思いの強さや熱気が、あの 特別 としか言えない雰囲気を作り上げていたんでしょうね。今でも思い出すと鳥肌が立ちます」

 いざ競技が始まると、その思いはますます強くなる。1万mを走る間に、えも言われぬ恍惚とした幸福感が、松野さんを包んだそうだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学
    • 【美人コンテンツ】炎上考現学
    • 複雑化する【ミスコン】批判の論点
    • 【ミス・ユニバース】の問題点
    • 【世界で最も美しい顔】の胡散臭さ
    • 【柳美稀】が魅せた美グラビア
    • 進化する【美ジネス】の最前線
    • 【整形大国・韓国】の顔採用事情
    • 【ブス作品】とルッキズムの関係
    • 傑作【ブス主人公】作品レビュー
    • 【スダンナユズユリー】がネオ・レディースに!
    • 【ディスニー・プリンセス】変遷の記録
    • 【キリスト教】の女性受容史
    • 【日本酒と美人】の意外な歴史
    • 知っておくべき【5大美人酒】
    • 【地域別美人言説】の謎を追う!
    • 【ジブリヒロイン】芸能界ドラフト会議

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

NEWS SOURCE

    • 自民党と【創価学会】の不協和音
    • 【沢田研二】だけじゃない空席問題
    • 脆弱な日本の【サイバーセキュリティ】

インタビュー

    • 【是永瞳】大分から来た高身長ガール
    • 【六道寺】特攻服のママさんシンガー
    • 【ちぃたん☆】絶賛炎上中のゆるキャラ

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』