>   > 金メダリスト・森末慎二が、"五輪の商業化...

──ロサンゼルス五輪の体操競技日本代表として、金・銀・銅の3種のメダルに輝いた森末慎二。タレント転身をきっかけに一度は体操界を去ったが、北京五輪を前に、昨年、理事として22年ぶりに古巣の日本体操協会に復帰した。そんな彼に、元選手として、そして競技団体幹部としての立場から、ビジネス化する五輪について熱く語ってもらった。

0808_morisue.jpg
(写真/渡辺幸和)

──スポンサーの用具以外、身に着けられないという選手の状況に対して、「自由に選べないなんて窮屈そう」という意見もあるようですが?

森末慎二(以下、) それは、しょうがないですよ。選手は制約の対価として、スポンサーからお金をもらっているわけだから。それを選手が窮屈だと感じるなら、契約をやめればいいだけ。

──森末さんがロサンゼルス五輪で活躍された84年当時も、そのようなスポンサー縛りはあったんですか?

 僕は紀陽銀行の体操部に所属していたんだけど、当時は「アマチュア規定」によって五輪出場者がスポーツで金銭的な報酬を受けることが禁止されていたので、スポンサー契約自体がまずなかったんですよ。今でこそ五輪は"プロ選手の戦いの場"と化しているけど、92年のバルセロナ五輪より以前は「五輪はアマチュア選手のもの」という風潮があったから。当時は、JOCに加盟する競技団体のアマチュア選手の肖像権はJOCが持っていたので、たとえJOCの協賛企業のCMに出演したとしても、選手には一銭も入ってきませんでした。


人気記事ランキング
  1. 1あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  2. 2やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  3. 3お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  4. 4日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  5. 5音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”2017.5.22
  6. 6【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  7. 7メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?2017.5.22
  8. 8裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書2017.5.22
  9. 9GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史2017.5.21
  10. 10佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載