>   > 金遣いの荒さと人たらしは球界一? 星野ジ...
スポーツ誌じゃ読めないマル秘ガイド【3】

金遣いの荒さと人たらしは球界一? 星野ジャパンの人気の影に放蕩癖とマスコミ掌握術

+お気に入りに追加

 7月中旬には、野球五輪日本代表チーム、通称"星野ジャパン"の正式メンバーが発表されているだろう。本稿執筆時にはまだ明らかになっていないが、「サプライズと言えるほどの人選はなく、誰もが"実力通り"という既定路線で選出されているはず」(スポーツ専門誌編集者)だという。
 
 こうして万全の体制で選ばれた星野ジャパンが挑む野球は、"団体競技で最もメダルに近い種目"とされ、世間の注目も高いようだが、それに見合った話も聞こえてくる。
 
「アメリカやキューバ、韓国、台湾といった強豪国のほかにヨーロッパにまで頻繁に偵察に行くなど、星野仙一監督はとにかく金遣いが荒い。しかも、それがスコアラー派遣だけではなく、本人はもとより、田淵幸一や山本浩二、大野豊らコーチも一緒だから、渡航費や滞在費なんかもバカにならない。ですが、これは野球という人気スポーツに多くのスポンサーがつくからこそできるワザ。今回は新日本石油、ミズノ、アサヒビールなどの大手企業がスポンサードし、多額の協賛金を払っているからね」(スポーツ紙デスク)


Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』